High Quality Products From Overseas

社内通貨(USDM)導入について

《目的》

・社内コミュニケーションの活性化(感謝の伝達)
・福利厚生(評価制度の1つ)としてモチベーション向上
・商品やサービスとの交換価値

《運用イメージ》

仕事を行う上で、相手の事を思いやった行動や助け合いなどが行われた際に、言葉だけではなく、何らかの形でも、その感謝を表現する方法があっても良いと考える。それが、直接的な”お金”のやり取りではない方法が理想。
それを考えた時に、社内通貨というソフトな方法(表現)で、簡単に渡したり渡されたりする状況を作る。また、その人のタイミングでサービス、商品と交換できることで、各自の運用能力などの向上にも繋げたい。

◆毎月、給料日(給与袋を渡すタイミング)に各自に1000USDMを配布
◆上記とは別に、社長1000USDM、専務750USDM 、社員(パート含む)500USDMを、消費必須単位として支給を行う。
※消費必須単位とは、その次回支給日までに他の人に渡さないと消滅してしまう。
※上記とは別に、ボーナスとして支給する場合もある。

 

《価値(交換対象 例)》

100000 USDM 海外旅行(タイ)2泊3日 ご招待券(1名分) ※往復エアー&ホテル 支給
48000 USDM 東京、名古屋、大阪 往復旅費支給
24000 USDM 温泉旅館 1泊2日 ご招待券(1名分) ※場所などは要相談
12000 USDM 満天の湯 入浴回数券10枚セット
6000 USDM エステ券(リラックスアピタ松任店 アロマトリートメント 60分コース)
4500 USDM 叙々苑 焼肉ランチA
3000 USDM マッサージ券(もみつぼ5 もみほぐし60分コース)
2000 USDM 美容グッズ
1000 USDM お菓子詰め合わせ

 

《参考例》

今注目の社内通貨とは?|コミュニケーション活性や業績UPにつながる効果も

今注目の社内通貨とは?|コミュニケーション活性や業績UPにつながる効果も